ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.06.24 Friday

ありがとうございました



風のマーケット 無事終わりました。

天気の不安な中 むかえましたがなんとか曇り。

沢山の人とお話しして お買いあげも頂いて 良い経験でした。

お客さんや 出店されている他のお店のとお話し出来たのも良かったけど
ワタシにとっては 海月のメンバーと話や経験が出来て良かったとも思っている。

色んな場面で色んなモノをみて 体験して 知り合って
ワタシも他の人も少しずつ進んで行ければいいなぁと思った。


お誘い下さったタバサさん
快く参加させて頂いた風のマーケットの方々
一緒に参加してくれた海月の人たち
心配で顔を出してくれたダンナさん
ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







2011.04.06 Wednesday

ダーラヘスト


咲さんが織り 神(海月には神がいる)が木の枠を作り yasu-booさんが取り付け
風呂敷に包まれて ワタシの所へきた。


織られている「馬」は スウェーデンの伝統工芸品の 木彫りの馬のことらしい。


咲さんから送られてきた説明を。

>ダーラヘストとはdalahästと書きます。
>dalaとはDalarna地方(少し北のほうにあってスウェーデンのなかでもハンドクラフトが盛んな地方です。)のこと、
>hästとは馬のことです。

>つまりダーラナの馬ってこと。
> 馬はこちらでは結構メジャーな動物で基本みんな好きだし。

> まぁ、いうなれば北海道の木彫りの熊みたいなものです(笑)
>昔、冬早く仕事が終わったお父さんが子供たちに作ってあげた馬の人形が始まりで今ではスウェーデンを代表する民芸品です。
>イマイチ幸運の・・と言うのとは繋がらないですが。伝統モノは幸運なのですよ(笑)

ありがとうございます。
ワタシは 幸せ者。

早速 額は飾り 風呂敷は使っています。

2010.11.08 Monday

夜のChozLabo



仕事を早く切り上げて お邪魔しようと思ってたChoz Laboさん

大きく遅れて到着。

付いた頃には 暗くなってた。

今月から新しくお取り扱いされる作家さんも増えたらしい。


うみたま

すこし試食したけど しょっぱ〜いって感じがしなくて 美味しかったな。
おにぎりとか ええかも・・・。



それと 先月から 並んでいます。
咲さんの食器洗いタオル。
ワタシも使って居ますが なかなか勿体なくて 使いこなせない。

庶庶庶民過ぎる自分が情けない。

使いこなせる大人になりたいわぁ〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


購入した指輪のピアスも出来てた。。。
そそられるのです。


2010.08.31 Tuesday

いってらっしゃい



先日 大量の(そんなに大量ではない)オヤのモチーフ達が 旅立つ。

到着した先で また どこかへ旅立つといいな。。。

2010.08.20 Friday

オヤ


アジアとヨーロッパ、東西文明の交差点に位置するトルコでは、
長い歴史をものがたる古代遺跡と共に、
長年の遊牧生活の中で育まれてきた手仕事がたくさん現存していいます。

それは、絨毯やキリムといった手工芸から繊細なレース編みなど多岐にわたります。

『手先の器用なことが良いお嫁さんの条件』と伝えられ、
女の子たちは幼い頃から祖母や母に教えられながら、
将来の花嫁支度の『チェイズ』に備え、美しいレース編みを習得します。
レース編みの代表的なものとしてオヤがあります。

イスラム教徒である彼女たちはその教えに従いスカーフを被る習慣があり、
その縁にはスカーフの柄に合わせた縁飾りが施されています。             
その縁飾りを総称してオヤといいます。


■□トゥー オヤ□■
  レース針を使って作るオヤのこと。
  トゥーとはトルコ語で『かぎ針』の意味。
  オヤの中で老若を問わず圧倒的に人気が高く、
  もっとも一般的なのがトゥーオヤである。

 ■□ボンジュク オヤ□■
  ビーズを編み込んだオヤのこと。
  ボンジュクとはトルコ語で『ビーズ』の意味。
  美しく華やかな雰囲気からおもにお祝いの席で着用される。
(オヤ:縁飾り)


ちょこんと 小さく 可愛い。
でも それだけじゃない魅力を感じ 編んでみようと始めました。

末永く可愛がって頂くと幸いです。

Powered by
30days Album